スマートフォンサイトの重要性

iPhoneやAndroidなどの端末に代表されるスマートフォン。2012年から従来の携帯電話に変わる大普及を見せています。
今後、インターネットWebの中心となってくる端末です。それは近い将来PCを逆転するといっても過言ではありません。もしもパソコン対応サイトを持っているとしてもスマートフォンに対応していなければ非常にマズイと思います。

それはなぜか?

近い将来、2015年をメドに、世の中の携帯電話はそのほとんどがスマートフォンとなります。一人一台持っている携帯電話がPC同様にさまざまな大容量コンテンツを閲覧できるパワーを持ったスマートフォンへと変化します。
するとどうなるでしょう。皆、家でも外出先でもスマートフォンでインターネット閲覧をおこなうようになります。もちろんPCはなくなることはありません。文字入力の便利さ、画面の大きさなどで、PCでの閲覧を行うべきときがあるからです。
しかしながら、出先での確認、ちょっとした検索行為などはどんどんスマートフォンから行うようになります。
そのときに、せっかく訪れてくれた顧客に大画面用のPCサイト見せてしまうようなことがあると、すぐに顧客は逃げてしまうことでしょう。
これでは機械損失だらけになってしまいます。日に日にそういう時代になってきています。

それではどうすれば良いのか

答えはもちろん、「スマートフォン用のサイトを用意すべき」です。
やりかたは色々あります。同じURLを使ってホームページにアクセスしてきたのがPCなのかスマートフォンなのかを瞬時に判断し、それぞれに最適化したページを表示する方法。別のスマートフォン専用URLを用意しそちらでホームページを制作するなどさまざまです。どちらにも一長一短あり、お客さまの状況によって戦略を固めなければなりません。

スマートフォンは広告戦略も特徴的

すばらしいメリットがあります。スマートフォンにはGPS機能がついており、その端末の場所、どこでそのスマートフォンを利用しているのかまでわかるようになっています。もし、あなたが居酒屋を経営していたとして、顧客を呼び込む手段としてPCでのリスティング広告を使っていたとしたら、その手法はスマートフォンの登場で劇的に費用対効果が向上します。

PCで「居酒屋」と検索 → 日本全国各地にある居酒屋が検索対象となる
スマートフォンで「居酒屋」と検索 → 検索している近くのお店がヒットする

要するに、上尾で居酒屋と検索した場合には上尾にあるお店がヒットします。また広告に関しても上尾での検索のみ購入することができるため、費用対効果が劇的に向上するんです。
完全な見込み客に対してしっかりと宣伝できる。

そのためにはスマートフォン版のホームページもしっかりと用意した上で、広告展開しないといけません。
これらを一気通貫で実現できれば、それらが出来ていないライバルとは圧倒的な差が生まれます。
でもこんなこと、普通は皆さん知りませんよね。まだまだ中央都市部以外は、活用されていない技なんです。ぜひ私たちにその戦略のお手伝いをさせていただきたいと思うのです。

明日ツナグではスマートフォン用ホームページの制作のご依頼をお待ちしております。