ホームページに大切なことって?

一番大切なことは何でしょうか?
「SEOが一番大事だ!」とか「デザインが大事!」とか、そういうことを書いているWeb制作会社さんをよく目にしますし、もちろんそれも、ある意味間違いではありません。

しかし、私は違和感を感じてしまいます。大切にすべきことは決して不変ではないと考えるからです。
お客さまはそれぞれ多様な目的をお持ちになってホームページを立ち上げるのに、大切にすべきことは一緒だなんて到底思えません。

大切なことはお客さまがホームページで何を実現したいかによってコロコロ変化するのです。
大切なことはお客さまに隠れているとも言えます。

既存顧客に向けた情報を発信したいA社

こういったご要望の場合、大切にすべきことは、いかに整理された情報をわかりやすく提供するホームページにするかどうかではないでしょうか。SEOに関しては、社名や商品ブランド名で検索した場合にしっかりと1位に表示されていれば問題にはならない。逆に言うとそこに必要以上の手間や時間・お金を注ぐ必要はないということ。
また、もしかすると顧客層にもよりますが、ホームページよりもFacebookページを立ち上げて運用を強化したほうが情報発信に向いているかもしれません。

とにかく新規顧客を開拓したいB社

この場合、いかにアクセスを集めるかが重要なことです。例えばSEOやSEMと呼ばれる施策を考慮したホームページでなくてはならないでしょう。また、アクセスだけを集めても新たな顧客となってくれなくては無意味ですので、訪れた見込み客をいかに誘導するかといったホームページ設計やデザインも併せて最重要となります。
そうやって、ホームページという名の24時間不休の営業マンを育て上げていきます。

会社や商品のイメージを向上したいC社

ブランディングを行いたい場合に関しても、ホームページは有効です。
このときに一番注意を払うべきなのは、イメージにあったデザインを用意することです。また、商品製造までのストーリーや社員のブログをコンテンツとして加えても面白いかも知れません。

 

わかりやすく3社の例で説明をさせていただきましたが、実際にはもっともっともっと…
お客さまのニーズは細分化されているはずで、こんなに簡単に語りつくせることではないと思います。

ホームページにとって大切なことは、お客さまがホームページで何をしたいと思っているか。
それに見合う最適な形に変化させることなのです。